利子割引料についての話

税理士江連祐治

著者:江連祐治税理士事務所 税理士 江連祐治

FacebookGoogle+Yahoo!ロコ

「利子割引料」とはあまり聞きなれない項目かもしれませんが、2014-8-1
事業用に借入をした際の支払利息や、
手形の割引料などのことです。

利子割引料となる費用には、
事業に使用する自動車や機械などの資産の
割賦買い入れのための利子があります。

それから事業用資金として
銀行や取引先などから用立ててもらった借入金に対する利子です。

銀行などの受取手形の割引料も含みます。
得意先などから入手した受取手形を
銀行などで割り引いた際に支払った費用のことで、
割引日から手形期日までの期間の利子に相当します。

たとえば
銀行から借り入れをし、利息差引分を普通預金に入金した
→ 事業のための借入金なら利息は必要経費です。
 
なお、前払いの利息ですが、1年以内の前払い費用は
継続して「支払日・必要経費計上」を行うことを条件として、
支出日に費用とすることが認められています。

受取手形を取引先で割り引いてもらって、現金で受け取った
→ 支払割引料の金額を記帳してかまいません。

なお、自宅購入の際の借入金に対する利子のように、
事業に直接関わらない利子、割引料は
当然のことながら必要経費とはなりません。

ここで気をつけてほしいのは、
いわゆるローンによる購入ですが、
割賦販売契約によって購入しても、
購入価額と割賦機関の利子および代金回収費用の金額が
契約上明らかに区分されていないならば、
全額が取得価額になります。

しかし、明らかに区分されているなら
利子および代金回収費用分は、
ローン支払い期間中の各年度分の必要経費にすることが可能です。

江連祐治税理士事務所お問合せ